気象庁報道発表資料:(2012年)12月の天候

気象庁報道発表資料:(2012年)12月の天候

気象庁 _ 平成25年報道発表資料(2012年12月の天候) PDF

概要

2012年(平成24年)12月の天候の特徴は以下のとおりです。

  • 全国的に低温
    寒気が流れ込んだ影響で、月平均気温は沖縄・奄美で平年並のほかは全国で低く、東日本ではかなり低かった。
  • 日本海側の降雪量は多かった
    強い寒気がたびたび流れ込んだ影響で、北日本から西日本にかけての日本海側の降雪量は多く、北海道では低気圧の影響もあって降雪量がかなり多かった。
  • 全国的に降水量が多く、日照時間が少なかった
    低気圧が数日の周期で日本付近を通過し、その後冬型の気圧配置が強まる時期があった影響で、月降水量は全国的に多く、北日本と西日本ではかなり多かった。また、月間日照時間は東日本太平洋側を除いて全国的に少なく、北日本日本海側と西日本ではかなり少なかった。

 

本文

1 概況
 日本付近は数日の周期で低気圧が通過し、低気圧の通過後は冬型の気圧配置の強まる時期があった。このため、北日本から西日本にかけての日本海側では曇りや雪または雨の日が多く、特に9日~12日頃と24日~26日頃は北からの強い寒気が流れ込んだ影響で、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に広い範囲で大雪となった。北日本から西日本にかけての太平洋側の天気は数日の周期で変わった。沖縄・奄美では、月の中頃に高気圧に覆われて晴れの日が続いたほかは、北からの寒気や気圧の谷の影響で曇りや雨の日が多かった。月平均気温は沖縄・奄美で平年並だったほかは寒気が流れ込んだ影響で全国的に低く、東日本ではかなり低かった。また、北日本から西日本にかけての日本海側の降雪量は多く、北海道では低気圧の影響もあって北海道日本海側・太平洋側・オホーツク海側共にかなり多かった。日本付近を通過した低気圧と冬型の気圧配置の影響で全国的に降水量が多く、北日本と西日本ではかなり多かった。また、月間日照時間は、東日本太平洋側を除いて全国的に少なく、北日本日本海側と西日本ではかなり少なかった。

2 気温、降水量、日照時間等の気候統計値
(1)平均気温
 月平均気温は、東日本でかなり低く、北日本、西日本で低かった。北日本から西日本にかけて平年を1℃以上下回った。沖縄・奄美では平年並だった。
(2)降水量
 月降水量は、北日本、西日本でかなり多く、東日本日本海側、東日本太平洋側、沖縄・奄美で多かった。網走、札幌、帯広、紋別(以上、北海道)、山口では、12月の月降水量の多い方からの一位を更新した。
(3)日照時間
 月間日照時間は、北日本日本海側、西日本でかなり少なく、北日本太平洋側、東日本日本海側、沖縄・奄美で少なかった。阿久根(鹿児島県)では12月の月間日照時間の少ない方からの一位を更新した。東日本太平洋側では平年並だった。
(4)降雪・積雪
 降雪の深さ月合計は、北日本日本海側、東日本、西日本日本海側で多かった。北日本太平洋側、西日本太平洋側では平年並だった。月最深積雪は、北・東日本を中心に平年を上回ったところが多かった。紋別(北海道)では、12月の月最深積雪の大きい方からの一位を更新した。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク