NEC社製パソコンにバンドルされている「再セットアップツール」及びROXIO Easy Media Createrがドライブを認識しない問題の解決策。

パソコンの調子が悪くなってきたことや、たび重なる「ウィンドウズ・アップデート」でCドライブはほぼ満杯状態。私の場合、インストールできるディレクトリーが指定できる場合は、Dドライブに入れていること、ファイルの保管等はすべてDドライブに入れているので、Cドライブが満杯だ、という事態でも減らしようがありません。せめて、古くなった復元ポイントを減らすだけがやっとのところです。参考までにwindows/winsxsは、15.0GB (16.058MB)、フアイル数63,273です。
これ以上、「ウィンドウズ・アップデート」は受け入られるかどうか疑問なので、内臓HDDを大きな容量に交換する準備に入ろうとした矢先のことです。

先ずは、Cドライブに格納されているOSが一番大切なので、「再セットアップディスクツール」でディスクを作成しなければなりません。

メニューからアプリケーション、「再セットアップディスクツール」を起動しようとしたところ……………

再セットアップ作成ツール

このような表示が出て、ツールが起動しません。

説明書を取り出してきて読んだところ、バンドルされているROXIO Easy Media Creater(以下EMCと略します)をアンインストールした場合には、この「再セットアップディスクツール」が起動しない、ということが書かれていました。つまり、全面的に「再セットアップディスクツール」がROXIOに依存しているということです。

試しにEMCを起動してみることに。

Roxio

やはり、EMCが異常を起こして、DVDドライブを認識していません。
余談ながら、このソフトは各種の問題を次から次へと問題を起こし、結局私はOS附属のドライブを使っていました。取り扱いが厄介なソフトは、お断りしたいのが本音でした。

マイクロソフトのAnswers(アンサーズ)を見ると、DVDドライブを認識しない不具合があるようです。そもそもOSがドライブを認識しない、他のソフトもドライブを認識しない場合、OSが認識していてソフトの一部が認識しない場合に問題は大きく分けて2っあるようです。(私の場合は後者でした)。前者である場合、マイクロソフトの修正の仕方が解決策になる場合と、私の個人的な意見として、マザーボードの一部破損やパソコン自体が古くなり、寿命に近くなりつつある場合が多いです。特にパソコンは毎日使う人で約5年が目安で、それを超えると全体的な小さなトラブルが多くなってきます。
話題がそれましたが、マイクロソフトの解決策ではEMCの不具合も解決しませんでした。初心者には、レジストリーの項目を削除することはお勧めできません。

また、ROXIOからNEC製パソコンにバンドルされている修正パッチが出されています。

Roxio – サポート情報_Easy Media Creator 9 アップデータダウンロード (NEC製コンピュータバンドル専用)  PDF

ですが、この修正パッチは74MBあるうえに、現在使用していないので、このような不具合が出ていないこと、経験もしていないこと、今回はEMCがドライブの認識をすれば、それだけで満足なので、この修正パッチの適用は見送りました。何か一段と症状が重くなりそうです。
このサポートをご覧になってお分かりになると思います。ROXIO側の回答者は、有益な回答を出すことが出来ないどころか、ROXIOについて、その仕組みなどやPatchの存在などには一切無関心な様子。判断は閲覧者にお任せしますが、ROXIOの製品は買うべきでない、という経験則もある程度、導き出せると思います。

決定的解決策を見つけました。
同じROXIOの頁なのですが、コミュニティーサイトの会話中に「firststarさん」(最初の相談から6段目)が出されている回答の中に、修正パッチのURLが書かれていました。最初の問題を相談した「AKD3159」さんの場合と、私の場合では、やや不具合の状況に差がある不安がありましたが、その後の読者の反応を見ていると、失敗した人がいないことで、私も適用に踏み切りました。

このパッチのインストールを行う際には、必ずOSで「復元ポイント」の作成をしてから実行されることをお勧めします。

ドライブが検出されない – Roxio Discussion Forum_ROXIO修正パッチ PDF
該当ページ消失に備えて、PDF添付ファイルに修正パッチ本体「pxengine3_00_58a.zip」を入れてあります。正しくは、下記URLからダウンロードしてください。
http://forums.roxio.jp/index.php?showtopic=389 この情報の元URLです。

私の環境では、全く見事に解決しました。

ROXIO_after

無事成功。EMC復活です。余計な一言ですが、EMCは、Vistaに完全対応する、と前宣伝していましたが。これはウソでした。

Seiko

「再セットアップディスク作成ツール」も無事に動作するようになりました。

老婆心ながら、検索であちらこちら検索して気が付いたことがあります。「再セットアップディスク作成ツール」は悪用防止のため、1度しか作成できない、という記述が散見されました。そのようなことはありません。むしろ、1年に1度程度は、念のために、このディスクを作成すべきであり、DVDやCDに焼き付けたということであっても、保管状況により急激な劣化をすることがあり、それは予め予見できるものではありません。いざ、というときに役に立たず、高額な修理に出す羽目にならぬようにすることが肝心です。このディスクがなければ、何かあった時に打つ手がありません。
もっともNECがリカバリーディスクを作成していたら、そのような面倒なことをしないで済む話なのですが。

また話は脱線しますが、NECが購入後1年未満の客だけに無料の相談を受け付け、それ以降の客には最低1相談3,000円の費用負担を強いるのも、私はどうかと思います。古いパソコンほど、新品のパソコンに比べ、不具合が起きることが予測され、また長年の使用により、私のように相談すべき事柄でも自力で解決しなければならないことにNECの悪意を感じます。
私の例でいうならば、内臓HDDを交換するといっても、CドライブにはOSが格納されています。だからこそ、簡単に交換をするということが慎重さを求められます。それはCドライブのデータ移行を考慮しなければならないということです。

いろいろ不満を残した、あるいは問題意識を残した今回のトラブル解決でしたが、決定的な不具合解決が出来て良かった、と思っています。

もし、このディスクがなかったとしたら・・・・・海ゆかばみずく屍、山ゆかば草生す屍、だったでしょう。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク