Oracle,Java7の修正版を公開 オラクル社(2013年1月14日)

Javaの脆弱性がアメリカ政府から異例の発表を受けていたOracle社から、新たに修正版が発表された。
java

URL:
http://goo.gl/i5UL2

これは投稿者の個人的見解であるけれど、去年の6月頃から、この脆弱性が指摘されていて、実際に被害も発生した。この時点でOracle社は何もしなかったわけではなく、10月にパッチを公開したが、脆弱性について解決することが出来ず、結局未だに問題を大きくしただけのことだ。

この問題も、とりあえず、Javaが組み込まれているソフトを停止したまま、様子見をした方が良いとと思う。今回の脆弱性では、面白半分にパソコンにいたずらを仕掛ける単純なものではなく、パスワード等が盗まれ、場合により財産的な損害が生じる恐れがあります。

私は様子見、場合により、今後は新たなインストールはしない選択肢もあり得ると考えています。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク