気象庁報道発表資料:2013年7月の中国中部から朝鮮半島北部の大雨について

2013年7月の中国中部から朝鮮半島北部の大雨について

天候の経過と被害状況
  中国中部から朝鮮半島北部にかけての広い範囲では、7月以降大雨となった。多いところでは7月1日から16日までの積算降水量が平年値の降水量の3~4倍となっている。
  イエンアン(中国、陝西(シャンシー)省)では、7月1日以降の積算降水量が330mm以上となり、7月の月降水量平年値(109.2mm)の約3.1倍、ピョンヤン(北朝鮮)は、490mm以上で月降水量平年値(310.4mm)の約1.6倍となった。ウェンチアン(中国、四川(スーチョワン)省)では、410mm以上となり、過去6年間(2007~2012年)の7月の月降水量平均値(197mm)の約2.1倍となった。
  7月7日以降の大雨により、中国の四川省では68人が死亡・179人が行方不明、7月8日以降の大雨により、陝西省で27人が死亡・2人が行方不明と伝えられた(中国政府)。

OOAME

気象庁 _ 平成25年報道発表資料_2013年7月の中国中部から朝鮮半島北部の大雨について
PDF

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク